ギャラリー

江戸小紋 反物からお仕立て 9954-2

とっても素敵な江戸小紋。

八掛もお預かりしましてお仕立てを承りました。

6通りの染め分けされている反物でした。

衿に出す箇所をご指定頂きまして、

鮫柄を衿にもってきております。

染め分け(左右)されている着尺は、

衿をどちら側にするかご指定可能ですので、細部の拘りがあればご指定下さいませ。

稀に、物理的に不可能なご指定(生地取り)もございますが、

その時はご連絡の上、再度打ち合わせさせて頂きます。

今回2点の小紋を同時にお預かりさせて頂きました。

丁度、これからよい季節かと思います。

新調されたお着物で楽しくお出かけ下さいませ。

ありがとうございます。