仕立て屋さんのお話

洗える襦袢や着物。結構縮みますよ。

毎年のことですが、

夏の季節が近づくと、ご自宅で洗濯を希望される

襦袢や着物のお仕立てをよく承ります。

特に襦袢生地(ポリ以外)で、

ご自宅で洗濯(手洗い)が可能が売り文句の生地が多いです。

でも、ご注意下さいませ。

このタイプの生地。

仕立て上がってから、手洗いされると縮みます。

商品の説明書にもきちんと明記はされているのです。

 

洗い方の注意書きが書かれているのですが、

6番の※印の所に、

『約4%程度縮む恐れがあります』と表記されています。

大半のお着物ファンの皆様は、この注意書きを読まれないかと思いますが

読まれても、4%だと まぁ少し位は大丈夫か。と判断されがちかと。

この4%は大きいですよ。

たとえば、襦袢丈3尺3寸(約125センチ)としますと、

4%→5センチ(約1寸3分)

袖丈が1尺3寸(約49センチ)とすると、

4%→2センチ(約5分)

こんな感じで短くなります。

袖丈1尺2寸5分になります。

身丈は3尺1寸7分です。

少し位縮んで短くてもOK って方はよいかと思いますが、

当店をご利用のお着物ファンの皆様は、多分ダメの範囲ですよね。

では、どうすればそれを防げるか。

仕立てる前に縮めて、縮みを落ち着ける方法がお奨めです。

但し、お手間ですよ。

①ご自身で費用を掛けずにする方法

反物の屏風のように、パタパタ畳んで、洗面器のぬるま湯につける。

その後、手押しで軽く脱水。

風通しのよい所で陰干し。

乾ききる寸前に、当て布をしてアイロン(低温)。

この作業を2回か3回すると、縮みが落ち着きます。

(1回だけだとまだ少し縮みます。)

手間ですが、出来上がった時の洗う・アイロンがけの練習にもなります。

時間に余裕があれば、洗う前に反物の長さを計っておくと、

実際に縮むことをご理解頂けると思います。(びっくりしますよ)

このお手間が面倒な方は、おそらく出来上がりの襦袢を

ご自宅で洗濯はしないかと思います。(専門店の丸洗い等かと)

 

②仕立て前に費用を掛けて水通しをする。

当店でも承っておりますが有料です。

①の内容を専門的に行う作業になります。

このどちらかの方法をお仕立前に行っていれば、

縮みは落ち着いてきてますので、仕立て上がり後も、

比較的簡単に、ご自宅で洗濯いただけるかと思います。

でも、洗濯したあとには、必ずアイロン作業が必要ですので、

やはり、お時間とそれなりの労力は必要かと。

お洒落には、時間と労力は必要ですよね。

ちなみに、個人的には、②の有料の方法よりも、

だんぜん①の方法がお奨めです。

ネットでのお着物のお仕立て。何が重要なのでしょうか。

ネットでの着物のお仕立も定着してきておりますが、

当社がネットで着物のご依頼を受注(個人様対象)をスタートしたのが、

10年位前かと思います。

結構、出だしだったかと。

その頃は、お客様からの質問で一番多かったのが、

『着物を預けて本当に手元に帰ってくるのか』

もちろん、直接的な言い方はされませんが、

質問の意図はその内容が一番だったかと記憶しています。

ネットでのお仕立の依頼って、

よく考えると、お客様のリスクが多いですものね。

お金・・・基本先払い(当時は振込みのみでした)

大切な着物・・・送らないと仕立て出来ないです。

          (取り込み詐欺だったら大変な事です)

品質・・・初めてのお客様ばかりですので、試すしか方法がない

思えば、10年くらい前に当社を信頼して下さり、

ご依頼頂きましたお客様に感謝です。

その連続で、ご紹介を頂いたり、ご利用頂いた感想を

WEBに書き込んで頂いたり。

ご自身のブログに紹介頂いたり。

で、少しずつお客様も増えてきました。

本当にありがとうございます。

今は、ネットでお着物をお仕立される時に

一番何を気になされるのでしょうか。

ここ数年でのご質問からのイメージでは、やっぱり『価格』かな。

次に『品質』。

お仕立をネットで受注される会社さんや個人さんも増えてきましたので、

色々なところで、お仕立をされているのだろうと思います。

仕立て屋さんとの『相性』も大切な判断基準かと。

でも、10年前も今も変わらずに、

皆様が一番きになるポイントは『安心』ではないのかなぁ。

当社が考える、当社のお客様像は

一番が『安心』

二番が『品質』

三番が『価格』

このお客様像をイメージしながら、

毎日到着するお着物を拝見し、

お客様へのメール等でのご連絡をさせて頂いております。

ネットでのお仕立をご注文されるお着物ファンの皆様。

これからも、『和裁工房まゆ』をよろしくお願いします。

単衣用の紗の生地の居敷当て仕入れました。

皆様、こんにちわ。

数年前から、ずーっと探していた、紗の居敷当て。

ようやく、仕入先さまとご縁がございました。

 

 

IMG_0229

単衣の季節だけ、頻度が高くなる商品ですので、

今年は、単衣シーズンに間に合いました。

価格は通常の居敷当てよりも高めですが、

国産の織機で織り上げられたものですし、生地の開発費も係っているようです。

襦袢用と着物用と、それぞれ広幅ですので安心です。

今シーズンに間に合って。一安心。

夏の暑い季節。少しでも涼しくお着物ライフをお楽しみ下さいませ。

ありがとうございます。