スタッフブログ

洗える襦袢や着物。結構縮みますよ。

毎年のことですが、

夏の季節が近づくと、ご自宅で洗濯を希望される

襦袢や着物のお仕立てをよく承ります。

特に襦袢生地(ポリ以外)で、

ご自宅で洗濯(手洗い)が可能が売り文句の生地が多いです。

でも、ご注意下さいませ。

このタイプの生地。

仕立て上がってから、手洗いされると縮みます。

商品の説明書にもきちんと明記はされているのです。

 

洗い方の注意書きが書かれているのですが、

6番の※印の所に、

『約4%程度縮む恐れがあります』と表記されています。

大半のお着物ファンの皆様は、この注意書きを読まれないかと思いますが

読まれても、4%だと まぁ少し位は大丈夫か。と判断されがちかと。

この4%は大きいですよ。

たとえば、襦袢丈3尺3寸(約125センチ)としますと、

4%→5センチ(約1寸3分)

袖丈が1尺3寸(約49センチ)とすると、

4%→2センチ(約5分)

こんな感じで短くなります。

袖丈1尺2寸5分になります。

身丈は3尺1寸7分です。

少し位縮んで短くてもOK って方はよいかと思いますが、

当店をご利用のお着物ファンの皆様は、多分ダメの範囲ですよね。

では、どうすればそれを防げるか。

仕立てる前に縮めて、縮みを落ち着ける方法がお奨めです。

但し、お手間ですよ。

①ご自身で費用を掛けずにする方法

反物の屏風のように、パタパタ畳んで、洗面器のぬるま湯につける。

その後、手押しで軽く脱水。

風通しのよい所で陰干し。

乾ききる寸前に、当て布をしてアイロン(低温)。

この作業を2回か3回すると、縮みが落ち着きます。

(1回だけだとまだ少し縮みます。)

手間ですが、出来上がった時の洗う・アイロンがけの練習にもなります。

時間に余裕があれば、洗う前に反物の長さを計っておくと、

実際に縮むことをご理解頂けると思います。(びっくりしますよ)

このお手間が面倒な方は、おそらく出来上がりの襦袢を

ご自宅で洗濯はしないかと思います。(専門店の丸洗い等かと)

 

②仕立て前に費用を掛けて水通しをする。

当店でも承っておりますが有料です。

①の内容を専門的に行う作業になります。

このどちらかの方法をお仕立前に行っていれば、

縮みは落ち着いてきてますので、仕立て上がり後も、

比較的簡単に、ご自宅で洗濯いただけるかと思います。

でも、洗濯したあとには、必ずアイロン作業が必要ですので、

やはり、お時間とそれなりの労力は必要かと。

お洒落には、時間と労力は必要ですよね。

ちなみに、個人的には、②の有料の方法よりも、

だんぜん①の方法がお奨めです。