スタッフブログ

着物の色ヤケは結構ございますよ。

ネットでお着物のお仕立や加工をお預かりしておりまので、対面と異なり困ることもございます。

ネットでのお仕立てならではの悩み事です。

今日は、ヤケに関しまして。

着物の反物や仮絵羽(仮縫い状態)は、新品でもヤケがあることもございます。

展示ヤケや商品を動かしている中でヤケが出るケースが多いです。

従来は、小売店さまで購入されて、そのままお仕立されていたので、

お仕立前にヤケは、小売店さまと我々のような業者間で修正するのが常でした。

ですので、消費者さまは、ヤケのことはほとんどご存知なかったかと思います。

ヤケやシミは修正しますと、治りますので、修正後は分かりませんので。

ところが、私たちは、直接、消費者さまから、新品のお着物をお預かりしてお仕立を承ります。

新品のお着物でもヤケがあるケースもございます。

 

これ、ほんとに多いのです。

仮絵羽(訪問着や振袖等)は袖山・肩山のヤケ。

丸まき(色無地や小紋・紬等)は巻きだしの地色が中程と違う色ヤケ。

特に、薄い色目のお着物や、水色・グリーン系・紫系が多いですよ。

ここで問題が生じます。

ヤケがある場合、お見積もりをさせて頂いております。

もちろん、重度な内容で無い限り、修正すれば分かりません。

この費用を誰が負担するのか。

(当店のお客様の大半は当店で修正依頼を承っております)

購入されたお店に相談されて、購入店さんでお直しをされるケースです。

もちろん、購入店さまでお直しをされるのも、問題ございません。

問題はここからです。

今、当店にあるお着物を直接購入店さまへ送ってという依頼です。

しかも着払いでいいから。

中には、当社とお取引のある購入店さまもあったり。

着払いでは送れませんよ。(着払いは高いのは会社なら皆周知の事実です)

で、修正が終わったら、その購入店さまから、当社へ直送されてきたり。

到着のお着物を再度検品すると、完全に修正できてない場合もあります。

当店から、購入店さまへは、お直しの依頼は難しいのです。

もちろん、販売責任はありますが、やはり手間と費用の問題で、

あまり喜ばれる内容の依頼ではないからです。

現在のお取引先さまかもしれません。

将来のお取引先さまの可能性もあります。

無用なトラブルは避けたいのが本音です。

せめて、ヤケがある状態を、お客様ご自身でご確認されて、

修正の出来上がりは、お客様宅で送って頂きまして、

出来上がりをご確認後、これでOKとご判断頂いて、

お手数ですが、再度当店に送って頂きたく思います。

ある程度は自己責任がネットでの基本かと思います。

当店から色ヤケの連絡があった際は、

費用自己負担でお直しされるか、お直しなしでお仕立をする。

(仕立て後でも修正は可能です。お奨めではないですが)

若しくは、一旦返却させて頂き、ご確認頂いてから、

購入店さまとご相談。

この3つの方法の何れかだと、安心してお仕事に専念させて頂けます。