スタッフブログ

洗える襦袢や着物。結構縮みますよ。

毎年のことですが、

夏の季節が近づくと、ご自宅で洗濯を希望される

襦袢や着物のお仕立てをよく承ります。

特に襦袢生地(ポリ以外)で、

ご自宅で洗濯(手洗い)が可能が売り文句の生地が多いです。

でも、ご注意下さいませ。

このタイプの生地。

仕立て上がってから、手洗いされると縮みます。

商品の説明書にもきちんと明記はされているのです。

 

洗い方の注意書きが書かれているのですが、

6番の※印の所に、

『約4%程度縮む恐れがあります』と表記されています。

大半のお着物ファンの皆様は、この注意書きを読まれないかと思いますが

読まれても、4%だと まぁ少し位は大丈夫か。と判断されがちかと。

この4%は大きいですよ。

たとえば、襦袢丈3尺3寸(約125センチ)としますと、

4%→5センチ(約1寸3分)

袖丈が1尺3寸(約49センチ)とすると、

4%→2センチ(約5分)

こんな感じで短くなります。

袖丈1尺2寸5分になります。

身丈は3尺1寸7分です。

少し位縮んで短くてもOK って方はよいかと思いますが、

当店をご利用のお着物ファンの皆様は、多分ダメの範囲ですよね。

では、どうすればそれを防げるか。

仕立てる前に縮めて、縮みを落ち着ける方法がお奨めです。

但し、お手間ですよ。

①ご自身で費用を掛けずにする方法

反物の屏風のように、パタパタ畳んで、洗面器のぬるま湯につける。

その後、手押しで軽く脱水。

風通しのよい所で陰干し。

乾ききる寸前に、当て布をしてアイロン(低温)。

この作業を2回か3回すると、縮みが落ち着きます。

(1回だけだとまだ少し縮みます。)

手間ですが、出来上がった時の洗う・アイロンがけの練習にもなります。

時間に余裕があれば、洗う前に反物の長さを計っておくと、

実際に縮むことをご理解頂けると思います。(びっくりしますよ)

このお手間が面倒な方は、おそらく出来上がりの襦袢を

ご自宅で洗濯はしないかと思います。(専門店の丸洗い等かと)

 

②仕立て前に費用を掛けて水通しをする。

当店でも承っておりますが有料です。

①の内容を専門的に行う作業になります。

このどちらかの方法をお仕立前に行っていれば、

縮みは落ち着いてきてますので、仕立て上がり後も、

比較的簡単に、ご自宅で洗濯いただけるかと思います。

でも、洗濯したあとには、必ずアイロン作業が必要ですので、

やはり、お時間とそれなりの労力は必要かと。

お洒落には、時間と労力は必要ですよね。

ちなみに、個人的には、②の有料の方法よりも、

だんぜん①の方法がお奨めです。

ネットでのお着物のお仕立て。何が重要なのでしょうか。

ネットでの着物のお仕立も定着してきておりますが、

当社がネットで着物のご依頼を受注(個人様対象)をスタートしたのが、

10年位前かと思います。

結構、出だしだったかと。

その頃は、お客様からの質問で一番多かったのが、

『着物を預けて本当に手元に帰ってくるのか』

もちろん、直接的な言い方はされませんが、

質問の意図はその内容が一番だったかと記憶しています。

ネットでのお仕立の依頼って、

よく考えると、お客様のリスクが多いですものね。

お金・・・基本先払い(当時は振込みのみでした)

大切な着物・・・送らないと仕立て出来ないです。

          (取り込み詐欺だったら大変な事です)

品質・・・初めてのお客様ばかりですので、試すしか方法がない

思えば、10年くらい前に当社を信頼して下さり、

ご依頼頂きましたお客様に感謝です。

その連続で、ご紹介を頂いたり、ご利用頂いた感想を

WEBに書き込んで頂いたり。

ご自身のブログに紹介頂いたり。

で、少しずつお客様も増えてきました。

本当にありがとうございます。

今は、ネットでお着物をお仕立される時に

一番何を気になされるのでしょうか。

ここ数年でのご質問からのイメージでは、やっぱり『価格』かな。

次に『品質』。

お仕立をネットで受注される会社さんや個人さんも増えてきましたので、

色々なところで、お仕立をされているのだろうと思います。

仕立て屋さんとの『相性』も大切な判断基準かと。

でも、10年前も今も変わらずに、

皆様が一番きになるポイントは『安心』ではないのかなぁ。

当社が考える、当社のお客様像は

一番が『安心』

二番が『品質』

三番が『価格』

このお客様像をイメージしながら、

毎日到着するお着物を拝見し、

お客様へのメール等でのご連絡をさせて頂いております。

ネットでのお仕立をご注文されるお着物ファンの皆様。

これからも、『和裁工房まゆ』をよろしくお願いします。

着物の色ヤケは結構ございますよ。

ネットでお着物のお仕立や加工をお預かりしておりまので、対面と異なり困ることもございます。

ネットでのお仕立てならではの悩み事です。

今日は、ヤケに関しまして。

着物の反物や仮絵羽(仮縫い状態)は、新品でもヤケがあることもございます。

展示ヤケや商品を動かしている中でヤケが出るケースが多いです。

従来は、小売店さまで購入されて、そのままお仕立されていたので、

お仕立前にヤケは、小売店さまと我々のような業者間で修正するのが常でした。

ですので、消費者さまは、ヤケのことはほとんどご存知なかったかと思います。

ヤケやシミは修正しますと、治りますので、修正後は分かりませんので。

ところが、私たちは、直接、消費者さまから、新品のお着物をお預かりしてお仕立を承ります。

新品のお着物でもヤケがあるケースもございます。

 

これ、ほんとに多いのです。

仮絵羽(訪問着や振袖等)は袖山・肩山のヤケ。

丸まき(色無地や小紋・紬等)は巻きだしの地色が中程と違う色ヤケ。

特に、薄い色目のお着物や、水色・グリーン系・紫系が多いですよ。

ここで問題が生じます。

ヤケがある場合、お見積もりをさせて頂いております。

もちろん、重度な内容で無い限り、修正すれば分かりません。

この費用を誰が負担するのか。

(当店のお客様の大半は当店で修正依頼を承っております)

購入されたお店に相談されて、購入店さんでお直しをされるケースです。

もちろん、購入店さまでお直しをされるのも、問題ございません。

問題はここからです。

今、当店にあるお着物を直接購入店さまへ送ってという依頼です。

しかも着払いでいいから。

中には、当社とお取引のある購入店さまもあったり。

着払いでは送れませんよ。(着払いは高いのは会社なら皆周知の事実です)

で、修正が終わったら、その購入店さまから、当社へ直送されてきたり。

到着のお着物を再度検品すると、完全に修正できてない場合もあります。

当店から、購入店さまへは、お直しの依頼は難しいのです。

もちろん、販売責任はありますが、やはり手間と費用の問題で、

あまり喜ばれる内容の依頼ではないからです。

現在のお取引先さまかもしれません。

将来のお取引先さまの可能性もあります。

無用なトラブルは避けたいのが本音です。

せめて、ヤケがある状態を、お客様ご自身でご確認されて、

修正の出来上がりは、お客様宅で送って頂きまして、

出来上がりをご確認後、これでOKとご判断頂いて、

お手数ですが、再度当店に送って頂きたく思います。

ある程度は自己責任がネットでの基本かと思います。

当店から色ヤケの連絡があった際は、

費用自己負担でお直しされるか、お直しなしでお仕立をする。

(仕立て後でも修正は可能です。お奨めではないですが)

若しくは、一旦返却させて頂き、ご確認頂いてから、

購入店さまとご相談。

この3つの方法の何れかだと、安心してお仕事に専念させて頂けます。

単衣用の紗の生地の居敷当て仕入れました。

皆様、こんにちわ。

数年前から、ずーっと探していた、紗の居敷当て。

ようやく、仕入先さまとご縁がございました。

 

 

IMG_0229

単衣の季節だけ、頻度が高くなる商品ですので、

今年は、単衣シーズンに間に合いました。

価格は通常の居敷当てよりも高めですが、

国産の織機で織り上げられたものですし、生地の開発費も係っているようです。

襦袢用と着物用と、それぞれ広幅ですので安心です。

今シーズンに間に合って。一安心。

夏の暑い季節。少しでも涼しくお着物ライフをお楽しみ下さいませ。

ありがとうございます。

 

桑の苗木植樹プロジェクトに参加させて頂きました。

2月25日(土)に群馬県にて、桑の苗木植樹プロジェクトがございました。

初めて、桑の木を植樹させて頂きました。16832161_1250568675025983_5910008429045309846_n

お蚕さんが食べれるようになるには三年かかるようです。

そのお蚕さんからマユを取り、生糸、生地、染色、加工、仕立てと工程(大まかですが)を経て

素敵な着物が出来上がります。絹の原点をほんの少し体験できた、

貴重な機会になりました。

プロジェクトにご尽力下さいました皆様。ありがとうございます。

1社14本植える植樹でしたが、私は一人で参加しましたので、

一人で14本植えさせて頂きました。

普通に軽いイベントと思っていましたが、これが以外と大変で、

久しぶりにいい汗をかかせて頂きました。16939000_1250568805025970_2568609939946130944_n16939643_1250568641692653_6883884965543349165_n

16996274_1250568658359318_804787674304538349_n

Monoki「モノキ」リユース&リメイク 着物7点追加しました。

Monoki「モノキ」リユース&リメイク 

お客様よりの委託のお着物や帯。

寸法の変更や洗いをして、

まだまだ、ご着用頂けるお着物や帯のみを承っております。

販売価格も、ご依頼者さまのご希望の金額ですのでバラバラです。

気に入ってご着用頂ければ幸いです。

http://shitate.com/SHOP/120142/list.html

お着物の部分お仕立てお直しのご依頼が増加中です。

ここ最近の傾向としまして、部分お直しのお問い合わせが増えております。

着物はその箇所だけ寸法を変更できるのも

よいところですね。

一番多いのが、やはり『裄直し』です。

お譲り頂いた着物ですが、裄が短かかったりするケースが多いのでしょう。

2番目に多いのは。

『身巾直し』です。

理由は・・・。

昔と寸法が変わって、身巾が少し狭くなったからですよね。

yjimage

 

部分直しで、ご注意頂きたい第一位は。

寸法を大きくする場合、中に入っていた生地が表にでますので、

地色が表部分と中に入っていた部分で違うケースがあるのです。

これ、修正可能なのですが、別途お見積もりとなります。

その他、折スジや汚れのスジが出るケースも多いです。

こちらも修正は可能ですが、やはり別途お見積もりとなります。

解いてみて、中の生地の状態を確認しないと分かりませんので

後日の別途お見積もりとなります。

寸法をお体に合わせて、

綺麗な着姿でよい季節をお着物でお楽しみ下さいませ。

ありがとうございます。

初めてでも大丈夫 ネットでのお着物お仕立のご注文

着物のお仕立を初めてご依頼される時。

色々とご不安なことも多いかと思います。

特に寸法が分からない場合が多いようです。

でも、以外と簡単ですよ。

初めてお着物を作られる場合ですが、

(手元の襦袢等に合わせる場合以外)

着物の寸法は、割り出しが可能ですので、

最低限必要な寸法箇所は、

『身長・ヒップ・裄・袖丈』です。

この中で問題は『裄』ですよね。

この裄って、首のグリグリの骨から肩まで一旦当てて、

そこから、手首のグリグリの骨までの長さなんですが、

t01380248_0138024813687213622

この寸法を自分ひとりでは測れませんよね。

誰かに手伝ってもらう必要があります。

ご家族やご友人さんに手伝ってもらって下さいませ。

メジャーも必要ですよね。

今はメジャーがないお家も多いかも・・・ですね。

でも、この裄はせっかくのオーダーなので、

ご指定頂いた方がいいです。絶対に。着姿が変わりますので。

上の画像の感じで、腕を斜め下45度に下げて計ります。

(画像は片手ですが、必ず両手を同時に下げてください)

で、右と左の両方を図って下さいませ。(2回づつ位)

左右で数字(寸法)が違うかと思います。

(ほとんどの方が左右で寸法若干違うものです)

その左右の数字を按分されるのがいいかと思います。

若しくは、どちらかの数字が、裄の寸法となります。

着物の仕立ては『鯨尺』で行いますが、

『㎝』で寸法を指定頂きましても大丈夫です。鯨尺に計算できますので。

この裄さえ計れれば、後はご自身の身長とヒップ。

袖丈は体では計れませんので、標準の寸法(1尺3寸)や

長い目等お伝え頂ければOKです。

これで、割り出しではありますが、裄を完全オーダーした

お着物が出来上がってきますよ。

あとは、その着物を楽しくご着用頂きながら、

着付けの特徴等々で、部分的に寸法を微調整しながら、

ご自分のベストな寸法を決定しましょう。

やはり、一番よいのは、全ての箇所のオーダーですから。

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。